紅葉座 ツクリモノオキバ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「無限小」

<<   作成日時 : 2011/09/09 03:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「無限小」


地球上のあらゆる物は、分子の結合で成り立っている

分子という、無数の粒子で

その分子もまた、原子の結合で成り立っている

原子という、無数の粒子で

その原子の中心にある原子核は、陽子と中性子と、周りに存在する電子で成り立っている

核子という、無数の粒子で

それら核子もまた、クォークやレプトンと呼ばれる素粒子で成り立っているという

それ以上あるのかないのか、私は知らないが

もし、それら素粒子を構成する粒子があるとすれば

その粒子を構成する粒子も

その粒子を構成する粒子も、存在するかもしれない

その粒子もまた、いくつかの粒子でできているのかもしれない

そんな粒子の粒子があるのならば、それは

小さいという言葉では足りないほど、小さいのだろう

決して人の目では覗けず、機械を駆使しても見ること叶わぬ

その粒子を構成する粒子は、小さすぎて

あるのかないのか、誰にも分からないだろう

その粒子でさえ、最小ではないのかもしれない

そんな最小世界の最小世界があるとすれば

この世の中に、それこそ無限に存在することになる

宇宙でさえ有限かもしれない世界で

唯一、存在する無限の世界

その一粒には、もしかしたら

小さすぎる宇宙が存在しているのかもしれない

いつか未来の人々が、顕微鏡の先に見るかもしれない

その宇宙には、銀河系がたくさんあって

その銀河系の一つには、水と酸素が豊富な、緑豊かな惑星があって

その惑星には、二足歩行の生物が、生活しているのかもしれない

そして、その世界にもまた

粒子で構成される

原子で構成される

分子で構成される物体が

たくさんあるのかもしれない

もしかしたら、そこで暮らす生物の一体が

粒子の粒子について、考えを巡らせているのかもしれないのだ

粒子は無限に存在し、粒子の粒子もまた無限に存在するのならば

無限という言葉では、到底足りない数の世界が広がり

その一粒一粒を、全て見ることなどできない

だから、何があったって不思議じゃないじゃないか

無限に、無限が広がっているのだから

もしかしたら、我々の宇宙だって

どこかの世界の、粒子の中にあるのかもしれないのだ

ただ

あるのかないのか、私は知らないが




Copyright (C) 2011 jjmasso All rights reserved
ページビューを調べる

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「無限小」 紅葉座 ツクリモノオキバ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる