紅葉座 ツクリモノオキバ

アクセスカウンタ

zoom RSS 5 7 5 / 5 7 5 7 7

<<   作成日時 : 2012/09/17 15:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【春 九編】


砂糖きらめく春日向

sugar


幼な子のあしあと消えし春の浜

spring beach

2014/04/07 tw


夜桜のこっちという声がする

"I'm here."


こぶしの庭に咲きたるを夢に見ながら冬の陽の中

in a sunny place

2014/04/07 tw


春はじめ澄んだ空に花こぶし

magnolia kobus


夢の野を転がり落ちぬ紅椿

in a dream


鼻唄の向こう側に桜咲く

humming a song


ラブリースプリング桜色

spring, cherry, color


桜落ちはらりはらりと春

fluttering petals



(2014/04/07)



【no_title】


飯食いながら津波見る吾等吾身やとうに風化せん

the person


空は遠いいから青いのだ

blue, blue


溶け去る時間の行方や我知らず

a lapse of time

2014/03/31 tw


(2014/03/31)



【春 六編】


コートの前を開けて春日和

a coat


白雲の巡る先に春あらん

destination of the cloud


黄昏や夕焼け運河の帰り道

in the twilight


風揺るる桜ちょうちん春の宵

a cherry lantern


背に合わぬ荷物を抱え走る子の足音も花となるかな

an entrance ceremony

2014/04/20 tw


春の夜に風の音を聞く

"blowin' in the wind"



(2014/03/31)



【春 四編】


散髪の頭をなでし春の風

haircut


窓際に腰掛け春の空を見ゆ

at the window


横顔にうっすら刷く朧月

a hazy moon


沫雪の春に溶けて消ゆ

awayukino / haruni tokete kiyu

2014/03/18 tw



(2014/03/18)



【早春 八編】


春夜の雨の音も咲くかな

haruyono ameno otomosakukana

2014/03/09 tw


紅梅やふっくら頬の内裏さま

koubaiya / fukkura hohono / dairisama


雪落ちて映える椿の紅の色

camellia


春初めまんさく散るらん雪の朝

hamamelis

2014/03/09 tw


雪しろに魚のはねる川せせら

yukishironi / uono haneru / kawa sesera


流氷の鳥飛びたちて波しぶく

drift ice


白煙り芽吹く大樹の枝細く

shirokeburi / mebuku taijuno / edahosoku


我が空を吹き抜け春風

spring bless

2014/03/09 tw


(2014/03/09)



【no_title】


嫉妬をコーヒー流し込む

jealousy

2014/02/23 tw


しかたない人は死ぬしかたない

"..."

2014/02/23 tw


(2014/02/23)



【水氷 六編】


氷柱のピアノや春の音もするかな

an icicle


氷柱がさっくり落ちてまた冷える

"oh..."


つららから落ちる水に何映る

tsurarakara / ochiru mizuni / naniutsuru

2014/02/23 tw


雪合戦させるかな江戸の雪

snowball fight!


冬の川揺らめく水面穏やかに遠く鳥の鳴く声を聞く

winter river

2014/02/23 tw


凍てつく空に川にキリキリと

kiri-kiri


(2014/02/23)



【雪 六編】


いつもより輝けるかな雪の朝

snow morning


流れてはとまる吹雪の呼吸かな

snow bless


雪の日や犬も子も大興奮

"Bow!Wow!"


雪山にあしあとつける親子かな

"It's a small mountain"

2014/02/16 tw


東京の雪景色や雨に濡れ

Tokyo sleet


粉雪に電車を人を時を待つ

time being

2014/02/16 tw


(2014/02/09,14 東京大雪の日に)


(2014/02/16)



【no_title】


いつの世も変わらぬかな学舎の制服の徒や走りまわらん

a school garden


我が心音に生を知る

beating

2014/02/02 tw


(2014/02/02)



【冬 三編】


白断の息もできぬ雪しまき

hakudanno / ikimodekinu / yukishimaki


如月の雨の匂いや春近く

kisaragino / amenonioiya / haruchikaku


春風にピンク色のタオルはためく

spring wind

2014/02/02 tw


(2014/02/02)



【sea】


どこまでも人を寄せぬ冬の海

dokomademo / hitowoyosenu / fuyunoumi


鰤起し今日もどこかで鳴るのかな

winter thunder


無数の命のあぶく波の花

musuuno / inochino abuku / naminohana

2014/02/02 tw


この海の底は見果てぬ別天地

konoumino / sokoha mihatenu / betsutenchi


この海の底は暗く見果てぬもそこにはたしかに底はある

soko


海の色は色々空の色

color

2014/02/02 tw


(2014/02/02)



【冬 六編】


寒雷の布団の向こうに追いやれり

"I'm sleeping..."

2014/01/28 tw


ぎゅっぎゅっと歩く雪の上

snow load


霜晴れの引き締まった道をゆく

shimobareno / hikishimatta / michiwoyuku


凍滝のつららの先のひとしずく

itetakino / tsuraranosakino / hitosizuku


春日陰ひっそり霜の花

haruhikage / hissori shimonohana

2014/01/28 tw


一月の冬眠る小春日に猫がのびてあくびする

a cat's yawn

2014/01/28 tw


(2014/01/28)



【no_title】


あの時の言葉の意味を今解す

I'm still a boy


通い路も5分遅れの別世界

five minutes later


一人句を編む喫茶にて孤独はいつもそこにある

people

2014/01/18 tw


人類のガイア理論片思い

"James Lovelock"


(2014/01/13)



【冬 十一編】


積もらぬと知るも淡き江戸の華

Tokyo snow

2014/01/13 tw


曇り日にカラスの黒や遠ざかり

dark and gray


小春日の今がこの世の春である

koharubino / imagakonoyono / harudearu


もそもそと芋虫の眠る朝

caterpillar

2014/01/13 tw


初雪の両手を伸ばす冬の窓

hatsuyukino / ryoutewo nobasu / fuyunomado


初雪に両手を差し出す冬の朝

hatsuyukini / ryoutewo sashidasu / fuyunoasa


散り際の一葉落ちる刻を待つ

a last leaf


枯れ原に立つ背を遠く見ゆ

karebarani / tatsusewo tookumiyu

2014/01/18 tw


枯れ草の風に匂わじ冬の野を駆け回るらん過ぎ去りし日

winter field


夢の転がる枯野かな

yumeno korogaru karenokana


雨上がる冬の朝に春を見ゆ

morning after rain


(2014/01/13)



【2014】


門松も人も倒る三が日

"HAPPY NEW YEAR!"


今年もよろしくお願いします。(2014/01/05)



【no_title】


トイレにいく時間ももどかしく

"fun! fun! fun!!"


シュトーレン一枚ずつ年も暮れ 

stollen


「仕方ない」と笑う鏡の向こう側

myself/yourself

2013/12/16 tw


イヤホンをほどく時間も休みかな

earphone


芋虫の水に溺れるを見ゆ

imomushino / mizunioboreruwomiyu

2013/12/16 tw


「餌はやっても野良猫は飼わぬ」卑しき者 その糞のごとき面を見よ

egoist


(2013/12/16)



【晩秋 四編】


しいの葉の虫食いの空を見ゆ

SHIINOHANO / MUSHIKUINO / SORAWOMIYU


さわさわと しいの葉の 碧ゆれ

SAWASAWATO / SHIINOHANO / MIDORI YURE

2014/01/18 tw


枯れ葉の雨の中を往く

golden rain


枯れ葉の雨の金世界

golden world

2013/11/30 tw


(2013/11/30)



『晩秋初冬 十編』


紅葉の 黴のごとく 山染める

kouyouno / kabinogotoku / yama someru


落葉の 地に降るほかに 音もなし

rakuyouno / chinifuru hokani / otomonashi


霧雨の 遠く歩む 人の影

kirisameno / tooku ayumu / hitono kage


朝霧のごとくビルの間を 沈殿するや ガスに吐息に

asagirinogotoku birunomawo / chindensuruya / gasuni toikini

2013/11/25 tw


缶チューハイの横にうずくまる 女の肩にかかる朝日

"It will be fine today."

2013/12/05 tw


秋風に 花野の庭園 彩世界

akikazeni / hananono teien / sai sekai


音もなく 枯れ葉を濡らす 時雨かな

otomonaku / karehawo nurasu / shigurekana

2013/11/25 tw


秋深し 産毛の舞う 朝日かな

akifukashi / ubugenomau / asahikana


秋空に James Tailor 軽やかに

"fire and rain"


紅葉の 枯れる秋の 美しさ

kouyouno / kareru akino / utsukushisa

2013/11/25 tw



(2013/11/25)



『no_title』


背中とともに丸まる気性かな

an old


うえからしたまでもらいもの

a child

2013/12/05 tw


風もなく 穏やかな日に カラス翔ぶ

kazemonaku / odayakanahini / karasu tobu

2013/12/27 tw


朝焼けに 赤子泣いて カラス鳴く

asayakeni / akago naite / karasu naku


つり革に 手が届くか 子供の手

tsurikawani / tegatodokuka / kodomonote

2013/12/27 tw



(2013/11/18)



『秋 十五編』


通り雨 人も猫も 急ぎ足

TOORI AME / HITO MO NEKO MO / ISOGIASHI


秋雨に ジャズとチーズケーキかな

AUTUMN / JAZZ / CHEESE CAKE


秋深く 雨のように 枯れ吹雪

AKI FUKAKU / AMENOYOU NI / KAREFUBUKI


青空に ため息ついて 秋の風

AOZORANI / TAMEIKI TSUITE / AKINO KAZE


枯れ草の 色ないまぜ 野分かな

KAREKUSANO / IRO NAIMAZE / NOWAKIKANA


ひと風に 夏の消ゆる 野分雲

HITOKAZENI / NATSUNO KIYURU / NOWAKIGUMO


つま先の 薄皮はがし 更ける夜

TSUMASAKINO / USUKAWA HAGASHI / FUKERU YORU


台風や 悪童のごとき 騒がしさ

TROUBLE!


台風や 人 犬 猫の 目目目目目

WINDOW


秋雨や 曼珠沙華の 銀の粒

RED AND SILVER


秋霖や 波紋とつとつ 水面かな

SHUURINN YA / HAMONN TOTSU-TOTSU / MINAMOKANA


水と空 アシンメトリー 秋の湖

WATER AND SKY


深まりて 絢爛なるや 秋の沼

A SWAMP


一面に 枯れ色草の 紅葉かな

ICHIMENN NI / KAREIRO KUSANO MOMIJIKANA


たなびいて 物枯れ色の 草紅葉

TANABIITE / MONOGARE IRONO / KUSAMOMIJI

2013/11/17 tw



(2013/10/27)




『no_title』


路地裏で ゴミクズ笑う 声がする

Dirty


好かれる 感謝される 誉められる それだけで人は 生きていける

Pure

2013/12/05 tw



(2013/10/10)




『no_title』


食べて 吐いて 金曜日

It's Friday night!

2013/12/27 tw


月曜の シカバネ累々 朝日かな

Monday's killer / Dream is over.


(2013/10/10)




『初秋 七編』


秋の朝 白露に映る お天道

AKINO ASA / HAKURONI UTSURU / OTENTOU


不知火の いまだ見ぬごとく −世界

SHIRANUINO / IMADA MINUGOTOKU / -SEKAI


雨に濡れ 花野の色の 中に立つ

AMENINURE / HANANONO IRONO / NAKANI TATSU


玄関の 鈴が鳴って 秋の空

GENKANNO / SUZUGA NATTE / AKINOKAZE


あの店も この店も閉じる 秋

ANOMISEMO / KONOMISEMO TOJIRU / AKI


うろこ雲の どこまでも 広がるを 散る波頭のごとく 見ゆ

UROKOGUMONO / DOKOMADEMO / HIROGARUWO / CHIRU HATOUNOGOTOKU / MIYU


どこまでも いわし雲のごとき日々

DOKOMADEMO / IWASHIGUMONO GOTOKIHIBI


(2013/10/01)




『夏 十編』


繁る枝葉 切り取る青空 仰ぎ見て 夏の訪れ 実感す

SHIGERU EDAHA / KIRITORU AOZORA / AOGIMITE / NATSUNO OTOZURE / JIKKANSU


パンくずを 取りあうアリの 根比べ

PANKUZUWO / TORIAU ARINO / KONKURABE


パンくずを ひっぱるアリの 大きさよ

PANKUZUWO / HIPPARU ARINO / OOKISAYO


しゃくとりの ヒョコヒョコ歩く ひざの上

SHAKUTORINO / HYOKO HYOKO ARUKU / HIZANOUE


シャッター泣き 台風のち 雲きれる

SHATTA-NAKI / TAIFUU NOCHI / KUMO KIRERU


蝉時雨 魂運ぶ 鎮魂歌

SEMISHIGURE / TAMASHII HAKOBU / CHINKONKA


真夏日に 蝶のふわりと 夕涼み

MANATSUBINI / CHOUNO FUWARITO / YUUSUZUMI

2014/07/15 tw


こんこんと 眠り続け 夏の朝

KONKONTO / NEMURITSUDUKE / NATSUNO ASA



過ぎし日の 空に眺める 入道雲

SUGISHIHINO / SORANI NAGAMERU / NYUUDOUGUMO


かさかさの 祖母の肌と 夏の蝉

KASAKASANO / SOBONO HADATO / NATSUNO SEMI


(2013/08/16)




『夏 九編』

夏の昼 あけた窓に 風ぬけて すべてのことが どうでもよし

NATSUNO HIRU / AKETA MADONI / KAZE NUKETE / SUBETENOKOTOGA / DOUDEMOYOSHI


人の気も 知らずに青き 夏の空

HITONOKIMO / SHIRAZUNI AOKI / NATSUNO SORA


山笑ふ 遠き日の 家族旅行

YAMA WARAU / TOOKIHINO / KAZOKURYOKOU


熱帯夜 孤独な夜の 鈴の音

NETTAIYA / KODOKUNAYORUNO / SUZUNO OTO


飛びはねる 菜の花畑の 夢のゆめ

TOBIHANERU / NANOHANABATAKENO / YUMENO YUME


まばゆかし ヒマワリ畑の 迷路ゆく

MABAYUKASHI / HIMAWARIBATAKENO / MEIRO YUKU


カバンを枕にして 夏の空

KABANWO MAKURANISHITE / NATSUNO SORA


何言か ささやきあう アリ2匹

NANIGOTOKA / SASAYAKIAU / ARI 2HIKI


水上がり 遠くピアノの 響けるを 日差しの中に 届くままに

MIZU AGARI / TOOKU PIANONO / HIBIKERU WO / HIZASHINONAKANI / TODOKUMAMANI


(2013/07/26)



『no_title』


二階から 腕を伸ばす 「忘れもの!」

NIKAI KARA / UDEWO NOBASU "WASUREMONO!"

2014/01/13 tw


深海の 底に沈む 梅雨の夜

SHINKAINO / SOKONISHIZUMU / TSUYUNO YORU


偽善とは きれいごとの お仲間です

HYPOCRISY:WHITEWASHING


寂しがり 恋しがるのさ 人間は

A LONELY HUMAN

2014/01/13 tw



(2013/06/26)




『no_title』


隣人の 味噌汁香り 目が覚める

RINJIN NO / MISOSHIRU KAORI / MEGASAMERU

2013/11/17 tw


新緑や 春を飛び越え 夏の風

SHINRYOKUYA / HARUWO TOBIKOE / NATSUNO KAZE


絵の具にじませ 梅雨 アジサイ

ENOGU NIJIMASE / TSUYU / AJISAI


梅雨の日に 並ぶハンガー 待ちわびる

TSUYUNO HINI / NARABU HANGA- / MACHIWABIRU


(2013/06/06)




『春 6編』


春の日に なめくじの光るあと

HARUNOHINI / NAMEKUJINO HIKARUATO


手袋の 片ほうだけが 春の風

TEBUKURONO / KATAHOUDAKEGA / HARUNOKAZE

2014/03/18 tw


背もたれに ツツジの香る 五月晴れ

SEMOTARENI / TSUTSUJINO KAORU / SATSUKIBARE


タッと 階段下りる 休み前

TATTO / KAIDAN ORIRU / YASUMIMAE

2014/01/18 tw


水温み 風吹き抜けて 春

MIZU NURUMI / KAZE FUKINUKETE / HARU

2014/03/18 tw


春風に 昔の弁当 においする

HARUKAZENI / MUKASHINO BENTOU / NIOI SURU

2014/04/07 tw


(2013/05/17)



『no_title』


喫煙の 肩身の狭き 業のゆえ

KITSUEN NO / KATAMINO SEMAKI / GOUNOYUE


信用を 失う 寂しさ

SHINNYOUWO / USHINAU / SABISHISA


自殺という 自己表現の 虚ろさよ

JISATSUTOIU / JIKOHYOUGENN NO / UTSUROSAYO


手の平を 転がり落ちる 百円玉 小銭も逃げるか 我が運のなさ

TENOHIRAWO / KOROGARIOCHIRU / HYAKUENNDAMA / KOZENIMONIGERUKA / WAGAUNNNONASA


いそがしく 走るせなか ランドセル

ISOGASHIKU / HASHIRUSENAKA / RANDOSERU


空に舞う ビニール袋と 春の風

SORANIMAU / BINI-RUBUKUROTO / HARUNOKAZE


自分に何ができたのか 思い返す 3.11

JIBUNN NI NANIGA DEKITANOKA / OMOIKAESU 3.11

2014/01/06 tw


石鹸の 浮かぶ泡を フッとやり

SEKKENN NO / UKABUAWAWO / 'FU'TTOYARI




『冬 九編』


オーブンの あまった熱に 手をかざし ケトルが沸いては 抱きかかえ

O-BUN NO / AMATTA NETSUNI / TEWO KAZASHI / KETORUGA WAITEHA / DAKIKAKAE

2014/02/23 tw


「火の用心」 旗のむこうに 猫の顔

「HINOYOUJIN」 / HATANO MUKOUNI / NEKONO KAO



冬の日の 吐く息白く 寒椿

FUYUNOHINO / HAKUIKI SHIROKU / KANTSUBAKI

2014/01/06 tw


寒さに凍え 逃げたくても 逃げられない 自分が選んだ この場所から

SAMUSANI KOGOE / NIGETAKUTEMO / NIGERARENAI / JIBUNGA ERANDA / KONOBASHOKARA



雲早く プラネタリュウムのごとき空

KUMO HAYAKU / PURANETARYUUMUNO GOTOKISORA (planetarium)

2014/02/23 tw


屋根の雪 ぽたぽた雫模様

YANENO YUKI / POTAPOTA SHIZUKUMOYOU



春近く 螺旋階段 花開く

HARU CHIKAKU / RASEN KAIDAN / HANA HIRAKU

(螺旋階段に差す陽射しが花びらのような影を作る)



春寄りの 曇り空の 冬の朝 友人と遊ぶ 夢を見る

HARUYORINO / KUMORIZORANO / FUYUNO ASA / YUUJINTO ASOBU / YUMEWO MIRU



仕事なく 俺を抜き去る 春一番

SHIGOTO NAKU / OREWO NUKISARU / HARUICHIBAN





『no_title』


合奏の 音なりひびく 母校を 見上げて遠く うらやむ日

GASSOUNO / OTO NARIHIBIKU / BOKOUWO / MIAGETE TOOKU / URAYAMU HI



会話の中 ふと発せられる 一言に 人のやるせなさ 思いやる

KAIWANONAKA / FUTO HASSERARERU / HITOKOTONI / HITONO YARUSENASA / OMOIYARU



麻薬なり カフェインと 甘いもの

DRUG / CAFFEINE / SWEETS

2014/01/06 tw




『雪 七編』


雨ふくむ 雪の重さに 枝しなる

AMEFUKUMU / YUKINO OMOSANI / EDA SHINARU



降り積もる 傘を払う また積もる

FURITSUMORU / KASAWO HARAU / MATA TSUMORU



初雪に 振り袖映える 白霞み

HATSUYUKINI / FURISODE HAERU / SHIROGASUMI



雪の日に 傘もささぬ 子供たち

YUKINOHINI / KASAMO SASANU / KODOMOTACHI



初雪に 寝転ぶ子供 どこへいく

HATSUYUKINI / NEKOROBU KODOMO / DOKOHEIKU



雪の日の 不思議な温かさ

AMENOHINO / FUSHIGINA ATATAKASA



こおり雪 足元みる 江戸っ子よ

KOORIYUKI / ASHIMOTO MIRU / EDOKKO YO


(2013年1月14日 東京、大雪の日に)




『no_title』


見よ今日も あの電車も 顔だらけ あれは鏡か こちらも顔だらけ

MIYO KYOUMO / ANO DENSHAMO / KAODARAKE / AREHA KAGAMIKA / KOCHIRAMO KAODARAKE



水槽の 鯉のごとき 人の生

SUISOUNO / KOINO GOTOKI / HITONO SEI

2013/11/15 tw



親に金を借りて帰る日の 電車を待つ惨めなホーム

OYANI KANEWOKARITE KAERUHINO / DENSHAWOMATSU MIJIMENAHO-MU



うろこ雲 セーラー服と 秋の風

UROKOGUMO / SE-RA-FUKUTO / AKINO KAZE



夏祭り 大粒の雨と汗

NATSUMATSURI / OOTSUBUNO AMETOASE



夏空に そばをすする ボウズたち

NATSUZORA NI / SOBAWO SUSURU / BO-ZUTACHI



路地裏で 人生助かる 声がする

ROJIURA DE / JINSEI TASUKARU / KOEGASURU



背中書く 文字のアトに 笑いあい

SENAKA KAKU / MOJINOATONI / WARAIAI

2014/01/13 tw




『六月 四編』


雲切れて 笑顔似たりや おぼろ月

KUMO KIRETE / EGAO NITARIYA / OBORODUKI



雨水を なめる猫や 梅雨の朝

AMAMIZU WO / NAMERU NEKOYA / TSUYUNO ASA

2014/07/15 tw


台風夜 街娼なき 帰り途

TAIFUUYA / GAISHOU NAKI / KAERIMICHI



梅雨空に 風吹き抜けて ソーダ水

TSUYUZORANI / KAZE FUKINUKETE / SO-DASUI

2014/07/15 tw




『春 八編』


雨に咲く 桜の花の 凛々しくも 滴る雫は どこか寂しく

ameni saku / sakurano hanano / ririshikumo / shitataru shizukuha / dokoka sabishiku



終わる春 流れるそよ風 夏の息 揺れるチョウチョウ 行き交うアリ

owaru haru / nagareru soyokaze / natsunoiki / yureru chouchou / ikikau ari



浮かぶ花 水溜りに 小雨降る 円があらはれ あらはれては消ゆ

ukabuhana / mizutamarini / kosamefuru / ennga araware / arawaretehakiyu

2014/03/31 tw


晩春初夏 昼下がりには 子供らのはしゃぐ声が よく似合う

bannshunnshoka / hirusagariniha / kodomorano hashagukoega / yokuniau



雨に咲く 白つつじの 清潔さ

amenisaku / shirotsutsujino / seiketsusa



梅雨の夜 濡れた風に あたりながら 来たる夏に 思いをはせる

tsuyunoyoru / nureta kazeni / atarinagara / kitaru natsuni / omoiwohaseru



雨の日に ふいに訪れる 静寂に ぬれることを しばし忘れる

amenohini / fuiniotozureru / seijakuni / nurerukotowo / shibashiwasureru



青葉舞う 寄せては返す 波のように

aoba mau / yoseteha kaesu / naminoyouni



四月晴れ 腕まくりに 虫泊まる

shigatsu hare / udemakurini / mushi tomaru



雨の日に 干されし布にも 吾重ね

AMENOHINI / HOSARESHI NUNONIMO / WARE KASANE



ゆきふりに はるのまだかと そらみあげ

YUKIFURI NI / HARUNO MADAKATO / SORA MIAGE



金もない 紙もない トイレ内

No money, No paper, In the toilet

2014/01/28 tw


春風に 気持ちは晴れぬ なごり雪

HARUKAZE NI / KIMOCHIHA HARENU / NAGORIYUKI



屋根歩く 猫を見る 猫を見る

YANE ARUKU / NEKOWO MIRU / NEKOWO MIRU

2013/11/30 tw


草の根は 一人でもやる 心意気

KUSANONE HA / HITORIDEMO YARU / KOKOROIKI



トトトン、と 雪解け水の 落ちる音

TOTOTON,TO / YUKIDOKEMIZUNO / OCHIRU OTO



そうやってできている その裏側を 知った時 その浅い底に 夢を失う

SOUYATTE DEKITEIRU / SONOURAGAWAWO / SHITTATOKI / SONO ASAISOKONI / YUMEWO USHINAU

2013/11/25 tw


歩く人に 追い抜かれ 動く歩道 意地でも動かぬ 片ひじをつく

ARUKU HITONI / OINUKARE / UGOKU HODOU / IJIDEMO UGOKANU / KATAHIJIWO TSUKU



煌々ト 朧月夜ニ 蛙啼ク

KOUKOU TO / OBORODUKIYONI / KAERU NAKU



なんだそりゃ にが笑いに 茶をすすり

NANDASORYA / NIGAWARAINI / CHAWO SUSURI



図書室の 水の空間 揺れ動く

TOSHOSHITSUNO / MIZUNOKUUKAN / YUREUGOKU



ふわふわと 綿毛おいかけ 笑い合う

FUWAFUWA TO / WATAGE OIKAKE / WARAIAU

2014/05/12 tw



「ふるさと」を 口ずさむ 白い息

"FURUSATO" WO / KUCHIZUSAMU / SHIROI IKI



足を揃えて歩く 冬の朝

ASHIWO SOROETE ARUKU / FUYUNO ASA



すきま風 よいしょよいしょと たぐる蜘蛛

SUKIMAKAZE / YOISHO YOISHOTO / TAGURU KUMO



赤風船 ゆらりゆられて 秋の空

AKAFUUSEN / YURARI YURARETE / AKINOSORA



指ふれて ぬくもり伝う 秋の夜

YUBIFURETE / NUKUMORI TSUTAU / AKINOYORU

2013/11/15 tw



秋の風 カラカラ鈴の 夏なごり

AKINOKAZE / KARAKARA SUZUNO / NATSUNAGORI



油断して 洗濯ばさみに つねられる

YUDAN SHITE / SENTAKUBASAMI NI / TSUNERARERU



風つよく 青いそらに 雲ながれ

KAZETSUYOKU / AOISORANI / KUMONAGARE



夏の空 青の川ゆく ちぎれ雲 彼岸へ向かう 魂に似て

NATSUNO SORA / AONO KAWAYUKU / CHIGIREGUMO / HIGAN HE MUKAU / TAMASHII NI NITE



静寂に 傘をたたく 雨の音が 今このときの 音の全て

SEIJAKUNI / KASAWO TATAKU / AMENO NEGA / IMA KONOTOKINO / OTONO SUBETE



冬を裂き 雲を吹き消す 春一番 後に控える 姫を護衛す

FUYUWO SAKI / KUMOWO FUKIKESU / HARUICHIBAN / NOCHINI HIKAERU / HIMEWO GOEISU



風鈴に カラスも鳴いて 二度寝する

FUURIN NI / KARASUMONAITE / NIDONESURU



アスファルト 5×5=25と 白い跡

ASUFARUTO / GOGONIJUUGOTO / SHIROI ATO



うす曇り 湯気立ち消えし 春の朝

USUGUMORI / YUGE TACHIKIESHI / HARUNO ASA

2014/04/20 tw


梅雨寒く 布団の中に 雨の音

TSUYU SAMUKU / FUTON NO NAKANI / AMENO OTO



固くて 冷たい飯も 桜の下

KATAKUTE / TSUMETAI MESIMO / SAKURANOSITA

2014/03/31 tw


桜なき ビルの路地にも 花弁ひらひら

SAKURANAKI / BIRUNOROJINIMO / HANA HIRAHIRA



涙似て 静かに落ちる 花軌跡

NAMIDA NITE / SIZUKANI OCHIRU / HANA KISEKI

2014/03/31 tw


さらさらと 流れる花吹雪

SARASARATO / NAGARERU HANAFUBUKI



夢は寝てみるものか 起きてみるものか

YUMEHA NETEMIRUMONOKA / OKITEMIRUMONOKA



雲ながれ 夏の落ち葉 瑞々し

KUMO NAGARE / NATSUNO OCHIBA / MIZUMIZUSHI



菜の花に つどう瞳 アブラ虫

NANOHANANI / TSUDOU HITOMI / ABURAMUSHI



虫食いを 風に踊らせ 蒼葉鳴く

MUSHIKUI WO / KAZENI ODORASE / AOBA NAKU



みなづきに 木もれ日ゆれし ビワの影

MINADUKINI / KOMOREBI YURESI / BIWANO KAGE



風雨 過ギ ハラス蒼春 八重桜

FU-U SUGI / HARASU SOUSHUN / YAEZAKURA



花弁 散ラシ 幹ヲ伝フ 雨 咲クラ

HANA CHIRASHI / MIKIWOTSUTAU / AME SAKURA




(C) 2011-2014 jjmasso
ページビューを調べる

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5 7 5 / 5 7 5 7 7 紅葉座 ツクリモノオキバ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる